検索ワード入力
menu

文学,第3課題,第三課題

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数0閲覧数37
    ダウンロード数0
  • by ほよほよ
内容説明 コメント(0件)

評価Bです。
「若きウェルテルの悩み」についてのレポートです。文学のレポートの書き方がわからない方や初めて文学のレポートを書く方際の参考にして下さい。

資料の原本内容

中央大学法学部通信教育課程
Word用レポート原稿用紙(ダウンロード用)
1 / 4
202105-1
タイトル「ウェルテルの僭上か否か」
1、作家・作品の紹介
本レポートでは、ゲーテ作『若きウェルテルの悩み』について論じる。作者のヨハン・
ヴォルフガング・フォン・ゲーテは、1749 年にドイツのフランクフルトの名家で生まれた。
大学で法律や医学を学び、70 年に弁護士を開業する。73 年、弁護士の仕事のかたわらで書
いた戯曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』が評判になる。代表作に小説『ウィルヘイ
ム・マイスターの修業時代』、詩劇『ファウスト』などがある。
74 年に発表された『若きウェルテルの悩み』は当時のドイツが舞台で、主人公であるウ
ェルテルが友人に宛てた手紙という形式で進んでいく小説である。ウェルテルはロッテと
いう美しい娘に恋をするが、彼女にはすでに婚約者がいた。恋に悩んだウェルテルは、最
終的に拳銃自殺を遂げてしまうという物語である。この小説が発表される少し前に、ゲー
テ自身も婚約者がいる女性に恋をし、悩み苦しんだあげく彼女のもとを去るという経験を
している。..