検索ワード入力
menu

PB2020 理科 2単位目 合格レポート

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数91
    ダウンロード数0
  • by machamachacha
内容説明 コメント(0件)

明星大学通信教育部、2単位目合格レポートです。
【2単位目の課題】
1.「間違えるとはどういうことか?」についてテキストから学んだことをまとめ、私見を述べよ。
2.「科学入門教育とはどういうことか」についてテキストから学んだことを述べよ。
【参考文献】
未来の先生たちへ 小原茂巳 著
【注意】
このレポートをそのまま利用しても、必ず合格できるとは限りません。
極まれに、コピーやスキャンをして、内容の被りがないかをチェックする教員もいるようですので、そのまま利用するのではなく、自分の考えの部分だけを書き換えたり、言い回しを変えるなどして対策することをお勧めします。
サポート作成、非常に大変だとは思いますが、頑張ってください。
今後も、このようにしてレポートをアップしていきますので、是非ご利用下さい。

資料の原本内容

1意味のある知識となるか、無駄な知識となるか
○テキスト 29 頁第 2 章の間違え方入門及び誤謬体験で、私たちが誤謬に陥る理由として「そ
れが一面もっともらしさをもっていることによって」起こるとされている。
私自身も、実験結果の予想をする際には「もっともらしい理由」をつけたうえで、実験結
果の予想を定義している。
理由をつけると必ずクラスの誰かしらが「あぁ、確かに!」と共感してくれる点では、テ
キストに記載されている「誤謬」と同じなのではないだろうか。
○そんな「誤謬」によって起こる「間違える」とはどういうことだろうか。
そもそも、間違える=恥ずかしいこと、バカという認識が間違っていると最初に定義した
うえで、間違えることはどういうことなのか記していく。
○問題の答えを導き出すために、脳をフル回転させて、あれこれ考え、はじめて導き出せ
るものだと思う。
そして、みんなの前で自分の考えを発表するときにも、相手にわかりやすくかみ砕いて理
由付けして答えを発表する。
周囲の人たちが「あぁ、言われてみればそうかも」「確かに!」「うんうん、僕もそう思っ
た」こんな風に共感してく..