検索ワード入力
menu

うつ病性障害

  • 会員770円l非会員924円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数95
    ダウンロード数0
  • by よぽたん
内容説明 コメント(0件)

医療系大学の精神援助論レポートです。評価はAでした。文字数は1200文字程度です。主に教科書を参考に作成しているため、多くの場合で使用できると思われます。あくまでも参考にされて肉付けを行ってください。

資料の原本内容

【設題】うつ病障害を生じやすい人の性格特性をおさえたうえで、特徴的な症状について
思考の障害・感情の障害・意欲の障害・知覚の障害・身体症状についていくつかあげなさい。
これらの障害を抱えた人の「認知傾向と感情体験」「生きにくさ」などをいくつか述べなさ
い。
うつ病性障害を生じやすい人の性格として、クレッチマーは、病前の性格として陽気、社
交的、温厚などの特徴を持つ循環気質をあげている。下田光蔵が提唱した熱中、几帳面、
強い正義感を特徴とする執着気質やテレンバッハが提唱した秩序愛、他者のための存在な
どを中心とするメランコリー親和型性格などの特定の性格傾向がある。
特徴的な症状として、思考の障害は思考の制止や思考が渋滞し、集中力、判断力などが
低下する。感情の障害は、どこまでも気分が落ち込む抑うつ気分や、興味のあったことに
も喜びを感じられなくなる快楽消失がある。意欲の障害は、意欲減退が主要症状で、何を
するのもおっくうで行動範囲が極端に狭まる行動制止がある。知覚の障害には、聴覚や味
覚など多くの感覚が鈍く遠ざかって感じられる。身体症状として、睡眠障害や、吐き気や
便秘などの消化器..