検索ワード入力
menu

明星(通信) ☆発達心理学 1・2単位目セット☆2020合格レポート

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数225
    ダウンロード数1
  • by Le vent se leve?
内容説明 コメント(0件)

この科目は教科書の読み込みがかなり必要であり、各心理学者が提唱した内容を正確に示す必要があり、とても時間を要する課題です。採点者に『正確に伝わりやすい文章表現』を基に理解度を示していくにはどうしたらよいのか、また、この科目課題レポートから科目修了試験やスクーリングのレポートの参考としても使っていただけると幸いです。

課題1
『1.発達を規定する要因として、遺伝と環境があるが、それに関する考え方を4つ説明したうえで、人間の発達の特徴を「発達段階」「敏感期」「初期体験」「可逆性」の用語を用いながら述べなさい。

2. 乳児の発達の特徴を運動機能・認知能力・学習能力・対人関係能力・情動(情緒)発達の側面から説明しなさい。』


課題2『1. ことばとコミュニケーションについて述べなさい。  

2.親子関係の発生から集団の中で人との関わりを広げ、他者を理解し自己を形成していく道筋について述べ、保育・教育の果たす役割を説明しなさい。』

資料の原本内容

明星(通信) ☆発達心理学 1・2 単位目セット☆2020 合格レポート
課題 1 単位目
1. 発達を規定する要因として、遺伝と環境があるが、それに関する考え方を 4 つ説明した
うえで、人間の発達の特徴を「発達段階」「敏感期」「初期体験」「可逆性」の用語を用い
ながら述べなさい。
2. 乳児の発達の特徴を運動機能・認知能力・学習能力・対人関係能力・情動(情緒)発達の
側面から説明しなさい。
講評
理解して記述されています
1 発達を規定する要因として「遺伝」と「環境」がある。それらに関する 4 つの考え方、①
環境優位説、②成熟優位説、③輻輳説、④相互作用説・環境閥値説、について、説明したう
えで、人間発達の特徴を述べていきたい。
①環境優位説とは、ワトソンが今から 80 年ほど前に唱えた概念である。人間の発達は生ま
れた後の環境(経験や学習)によって決まるという考え方で、「育ちが性格を決める」という、
説である。
②成熟優位説とは、どんなに早く訓練をしても学習が促される発達段階に到達しにていな
いと効果が無いこという考え方で、「環境よりも遺伝や個々の内面が成熟して..