検索ワード入力
menu

明星大学 通信 「PA3140 教育相談の基礎と方法 2019年度」 科目終了試験 合格答案

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数1閲覧数1,721
    ダウンロード数0
  • by yuu4523
内容説明 コメント(0件)

明星大学 通信 「PA3140 教育相談の基礎と方法 2019年度」  科目終了試験の合格答案の一つとなります。
私が単位修得した際の問題となりますが参考にして頂ければと思います。
科目終了試験の問題は毎回異なるため、あくまで参考程度にお考え頂きダウンロードしてください。

『子どもの「問題行動」や「症状」にはどのような意味があるか。カナーの5つの記述、フロイトの「疾病利得」、「発達要求」という3つの観点から述べなさい。』

資料の原本内容

まず、カナーは、この症状・問題行動を、①入場券、②信号、③安全弁、④問題解決の
手段、⑤厄介物といった意味を有しているとしている。
これらは、①問題行動とは、問題の本質に入るための「入場券」であるとし、子どもの
真の問題やニーズに辿り着くための入り口であるとして、子どもの問題に気付き、大人が
連携して気付き支援するための入場券、②子ども自身が自覚できていない良くないことが
起きており、大人に対してその物事の本質を見出して助けて欲しいと発している大人への
警告の「発信」、③問題行動を起こすことで良くない環境からの自衛や心のバランスを取る
「安全弁」、④不具合な状況に対処する時に周囲の人達から正..