検索ワード入力
menu

日大通信 国語科教育法Ⅰ 2019年~2022年度 合格リポート

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数174
    ダウンロード数0
  • by アンハッピー
内容説明 コメント(0件)

日本大学通信教育(日大通信)2019年~2022年度 リポート課題 国語科教育法Ⅰの合格リポートです。丸写しは避け、参考程度に活用される方のみご購入ください。

資料の原本内容

2019 年度~2022 年度 国語科教育法Ⅰリポート課題
設問: ジャンル別教材の指導例として、小説・評論・詩歌・古典の別にそれぞれ述べな
さい。
※コピペ、丸写しは避け、参考程度に活用してください。
国語科の教師として教える時、使用できる教材というのは多岐に渡る。小説や評論文、
詩や短歌、古典作品を扱うこともあるだろう。それらは無論、教材によって相応しい指導
法、重視すべき要素が違っているため、全て同じように教えるわけにはいかない。しかし
、どんな教材で授業を行うにしても、共通して大切にすべきことがある。それは、「読む
こと」「話す・聞くこと」、「書くこと」の三つのポイントを守って指導することである。
これは中学校国語科の学習指導要領に記載されている、中学生が国語科の授業で身に着け
るべき力である。三年間を通してこれらの力を社会生活に必要最低限のレベルまで引き上
げること、これが国語科の教師に求められていることだ。どんな授業であっても、その根
本の目標を念頭に置いて、学習指導要領を参考に指導法を考えるべきである。そのうえで
、ジャンル別教材の指導法について述べたいと思う。なお..