検索ワード入力
menu

日大通信 現代教職論 2019年~2022年度 合格リポート

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数204
    ダウンロード数1
  • by アンハッピー
内容説明 コメント(0件)

日本大学通信教育(日大通信)2019年~2022年度 リポート課題 現代教職論の合格リポートです。丸写しは避け、参考程度に活用される方のみご購入ください。

資料の原本内容

2019 年度~2022 年度 現代教職論リポート課題
設問:1980 年代以降の教育職員免許法改正について整理し、その改正の際に加えられた
教科内容について簡単に説明し、その変化(履修科目や単位数の変化)にこめられた「教
師が身につけておくべき資質・能力」とは何かについて論述しなさい。
〔注意事項:web 上の答申や資料類、あるいはテキストを参照するのはよいが、多くを依
拠したものは論述とは認めない。適切な引用として部分的に使用し、論拠(証拠)として
の使用にとどめること。とくに審議会答申の記載事項の羅列は、論述とは認めない。この
科目は「教員の役割」「意義」について学ぶものなので、「自身の教職への思い(本気さ)」
が読み取られるものだと考えて、論述してください。〕
※コピペ、丸写しは避け、参考程度に活用してください。
1980 年代以降、教育職員免許法改正は三度行われている。まず一度目は 1988 年である
。こ の改正が行われた背景には 1970 年代後半から 80 年代にかけて世界中で教育改革・行
政改革が行われていたことのほか、国内では教育問題が多発し教師の資質・能力..