検索ワード入力
menu

八洲学園大学 図書館情報技術論 2020春期 第2回課題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数10閲覧数53
    ダウンロード数0
  • by AMIFOR
内容説明 コメント(0件)

評価Aのレポートです。低価でご提供するので参考資料としてお使いください。なお大学では他人のレポートの転用は厳禁ですのでご注意ください。

第2回レポート課題
キスト8章~15章と他の情報源を参照し、以下の内容をまとめなさい。
1.サーチエンジン利用のポイントを説明しなさい。
2.第9章で紹介されているデータベース3種類を選び、それぞれ任意の検索語による検索結果を報告しなさい。
3.(X)HTML、CSS、CMS、Webアクセシビリティの意味を説明しなさい。
4.電子ジャーナルの特徴と管理・利用の注意点について述べなさい。また、オープンアクセス誌、機関リポジトリの意味を説明しなさい。
5.個人情報とプライバシーとの違い、図書館における個人情報・プライバシー保護について注意すべき点を述べなさい。
6.デジタルアーカイブを実践・公開している例を調べて挙げなさい。
7.レファレンス協同データベースを検索し、利用者に有用だと思われるレファレンス事例を3件紹介しなさい。

資料の原本内容

第 2 回 レポート 図書館情報技術論
1.「サーチエンジン利用のポイント」
検索に使用する言葉は最初の入力語は直感的に思いついた言葉が望ましい。そ
の検索結果をみて考えて、言葉を追加するか、別の言葉で検索を行う。これを
繰り返しながら、試行錯誤をして情報を得ることが回り道のようで結局早い。
サーチエンジンの方向性として、一つは利用層を広げるために、より多くの人
が期待する結果を返す必要があること。そしてもう一つは検索する人の利便性
向上と精度の高い広告を可能にするために、各人ごとに検索結果を最適化して、
より的を得た結果を返すことである。そうした方向性ゆえに、検索条件として
入力する言葉は、思いつくままに入力し、試行しながら検索を繰り返すインタ
ラクションが基本である。適当な検索結果が得られないときには、見たい Web
ページのイメージを浮かべ、そのページに記述されていると思われる語を入力
語として選択するのも有効である。また検索結果として案内された web ページ
上のリンクから別の webページにたどり着く方法も有効である。また webペー
ジにある語を使って再検索することも..