検索ワード入力
menu

八洲学園大学 図書館概論 2020春期 第2回課題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数36
    ダウンロード数0
  • by AMIFOR
内容説明 コメント(0件)

評価Bのレポートです。低価でご提供いたしますので参考資料としてご活用ください。なお大学では他人のレポートの転用は厳禁ですのでご注意ください。
第2回レポート課題
① 日本の図書館が抱える課題
② ①の課題を解決するために司書の果たすべき役割
の2点について、身近な大人に説明するつもりでまとめてください。
自分で館種を設定してもよいし、すべての図書館を念頭に置いてもどちらでもよい。「身近な大人」は自由に設定して良い(例:家族、友人、職場の同僚、図書館の利用者など)。
1,600字以上1,800字以内にまとめること。参考文献・注は文字数に含めない。多少の文字数(200字程度)の超過は認める。字数の超過よりも内容を重視してほしい。

資料の原本内容

①「図書館のレファレンスサービスについての考察」
1.はじめに
現代の日本は、様々な技術が急速な発展を遂げ、ネットワークを通じた高度
な情報化社会を形成してきたといわれる。知識・技術の急激な発展と少子高齢
化などを社会構造の変化を背景に、人はいつでも望んだ時に学ぶことができる
生涯学習社会への移行が求められてきた。図書館にはそうした生涯学習社会を
支え
」る機能が求められているが、十分にその機能が認知されていないところがあ
る。本レポートでは、図書館のレファレンスサービスに着目し、図書館の課題
について 24 歳の息子に語ることを想定して述べていきたい。
2.図書館が求められるレファレンスサービス
図書館のイメージってどう?どんなところだと思う?ある調査(注1)では図
書館はどんなところか?という質問に「本の貸出を行う施設」が 81.3%で、「本
や古い資料を保存する施設」5.2%って結果が出てる。図書っていうのは歴史上
人類の文化遺産だからそれを保存することは大切だし、読書の場を与えたり、
貸し出すってサービスはその人の新しい知識の獲得や余暇を支援するって大事
な役目だけど..