検索ワード入力
menu

日大通信 令和2年度(2020年度) 第2回科目修得試験 英米文学特殊講義 解答例 A評価

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数180
    ダウンロード数0
  • by piyocolate
内容説明 コメント(0件)

日大通信 令和2年度(2020年度)第2回科目修得試験 英米文学特殊講義 解答例 A評価です。
科目修得試験合格のために、お役にたてると幸いです。

問題:
1,2 和訳
3  「イースト・リン邸」と「白衣の女」に対するジョージ・メレディスの批判を説明しなさい。なお、この2作が当時の読書界にどのように受け止められていたのかを説明に加えること。

参考文献:日大教材 「英米文学特殊講義」

資料の原本内容

日大通信 令和 2 年度(2020 年度) 第 2 回科目修得試験 英米文学特殊講義 解答例 A評価
私は些細な事件に重点を置いていますが、それらは性格をよく表しています。そして覚えておいてく
ださい(私の見解ですが)、連載小説はより多くの静かな種類の楽しさを導くのに十分な興奮を要求
します。「白衣の女」の緊張は巧みに作られたものではあるが、必ずしも心地よいものではありませ
ん。飽き飽きするものです。
(編集者が「白衣の女」のようなメロドラマ的な緊張と興奮の連載小説をジョージ・メレディスに要求したときの、メレディス
の返事より)
私の視線をゆっくりと下げました。最初は提灯の下には何もない..