検索ワード入力
menu

日大通信 令和2年度(2020年度) 第2回科目修得試験 異文化間コミュニケーション概論 解答例 S評価

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数155
    ダウンロード数0
  • by piyocolate
内容説明 コメント(0件)

第2回科目修得試験 異文化間コミュニケーション概論 解答例 S評価です。
科目修得試験合格のために、お役にたてると幸いです。

問題:
異文化間コミュニケーションにおける,対人距離について,できるだけ詳しく解説しなさい。具体例を挙げること。

参考文献:『グローバル社会の異文化コミュニケーション Beyond Boundaries』 池口セシリア / 八代京子

資料の原本内容

2020 年度 第 2 回科目修得試験 異文化間コミュニケーション概論 解答例 S評価
異文化間コミュニケーションにおける,対人距離について,できるだけ詳しく解説しなさい。具体例を
挙げること。
新型コロナウイルスによる感染症の対策が始まってから、「ソーシャルディスタンス」という言葉を
よく聞きます。他人から一定の距離を保つことで、病気の伝染を最小限にするためです。しかしそも
そも、私たちは他人との間に一定以上の距離を保とうとします。この距離の呼び名は「対人距離」
「個体距離」「パーソナル・エリア」などいろいろありますが、一般的に私たちは「パーソナル・スペー
ス」と呼びます。私たちは目に見えない境界線を自分の周りに引いていて、誰かがその中に入り込
むと不快感を覚えます。満員電車に乗っていると、とてもストレスを感じます。これは知らない人が
自分のパーソナル・スペースに侵入しているからです。
良いコミュニケーションのためには、相手のパーソナルスペースを把握することが大事です。自分
が近づいたことで目線を逸らされたり、のけぞったり、後ずさりされたときの距離を確認します。この
ように、相..