検索ワード入力
menu

★日大通信 メディア 教育の方法・技術論 理解度チェック1~4+最終レポート(S合格)

  • 会員1,870円l非会員2,244円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数8閲覧数78
    ダウンロード数0
  • by ジャスミ
内容説明 コメント(0件)

日大通信、メディア授業「教育の方法・技術論」のレポートです。 S評価の合格をもらいましたので、ご参考にしてください。

理解度チェック1~4のレポートと最終レポート、合計5本のお得なセット販売です。バラ売りもしておりますので、ご覧ください。

資料の原本内容

日大通信 メディア授業
教育の方法・技術論
【理解度チェック1】
1 (10 点)コメニウス以降の教育方法学の流れを 400 字程度に簡潔にまとめなさい。
それまでの長い人類の歴史においては「言語主義」教育が中心であったのに対し、コメ
ニウスにはじまり、ルソー、ペスタロッチ、ヘルバルト、フレーベルは「言語主義」教育
批判の系譜として、教育方法学発展の礎を築いた。このことから、コメニウスの登場した
17 世紀前半をもって近代的教授理論が成立した、すなわち教育方法学が成立したと考えら
れている。コメニウスの特筆すべき業績は、『世界図絵』という世界で初めての挿絵入りの
教科書を用いた点である。その後のペスタロッチは「直観教授」と呼ばれる、事物事象や
絵画、模型、植物等具体的なものの観察を通して学習する教授法の重要性を説いた。さら
にペスタロッチの「直観教授」に影響を受けたヘルバルトは、ペスタロッチの教育実践を
理論化することで、学問としての教育学の体系化に成功した。同様にペスタロッチに啓発
されたフレーベルは「直観教授」を発展させ、人間の感性を磨く重要性を説き、世界初の
幼稚園を開設..