検索ワード入力
menu

福祉における支援において重要なこと、クライエントの生活を捉えた支援とは何かについて

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数276
    ダウンロード数0
  • by rains
内容説明 コメント(0件)

【概要】
社会福祉士養成課程の課題です。
相談援助演習 スクーリング レポート課題

福祉における支援において重要なこと、クライエントの生活を捉えた支援とは何かについて、自身の考えを述べる。

【目次】
1. 福祉における支援において重要なこと
2. クライエントの生活を捉えた支援とは何か

【引用・参考文献】
1.新・社会福祉士養成講座7 相談援助の理論と方法Ⅰ 中央法規出版
2.新・社会福祉士養成講座8 相談援助の理論と方法Ⅱ 中央法規出版
3.岩崎 晋也 (著), 岩田 正美 (監修) リーディングス 日本の社会福祉 1社会福祉とはなにか―理論と展開 (リーディングス日本の社会福祉)

資料の原本内容

1. 福祉における支援において重要なこと
福祉という分野の性質は、社会福祉という一本の柱があり、それに加えて医療・保健・心理など多数
の分野に横串を刺すように跨っている。人が生活するにあたり、分野の境目を意識することがないこと
からも当然のこととも言える。しかし福祉ではそれが重要である。
クライエントは何かしらの問題や課題を抱えており、それらは貧困や障害、健康、育児、就労等いっ
た多岐に渡り、さらにそれらは複合的に存在していることが多々ある。そのため、生活が切れ目なく繋
がっていること、人と社会が互いに何らかの繋がりを持ちながら成り立っていることを心に留めておか
なければならない。
例えば、知的障害を持つ母親が育児するにあたり、子どもが医療的なケアを必要としているが、日常
的な服薬等を母親が行えない。夫は不在、同居家族は母親の両親と母親の妹であるが、両親は高齢で経
度の介護が必要であり頼ることが出来ない上に、地域で問題を何度も起こしており孤立している。その
ため、母親の妹が日常的な家族の支援を担っているが、疲弊しきっているといったケースでは、個人の
問題ではなく、家族、地域の問題..