検索ワード入力
menu

地域福祉推進の法的根拠と福祉コミュニティについて

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数212
    ダウンロード数1
  • by rains
内容説明 コメント(0件)

【概要】
社会福祉士養成課程の課題です。
地域福祉の理論と方法

地域福祉推進の法的根拠と福祉コミュニティについて述べる。

【目次】
1.地域福祉推進の法的根拠
2.福祉コミュニティの概観

【引用・参考文献】
① 社会福祉士養成講座編集委員会 編『地域福祉の理論と方法(新・社会福祉士養成講座) 第4版』中央法規出版
② 社会福祉法
③ 新・社会福祉協議会基本要項(全国社会福祉協会議1992年)
④ 平岡・平野・副田 『社会福祉キーワード』有斐閣

資料の原本内容

1.地域福祉推進の法的根拠
(1)法的根拠を得るまでの変遷
地域福祉の考え方は、戦後のいわゆる福祉六法体制において根拠条文がなく、社会福祉方法論の技法
の 1 つであるコミュニティ・オーガニゼーションと混同されることもあった。また、それは社会福祉協
議会の活動を意味していると考えられる側面があった。
地域福祉自体はイギリスのシーボーム報告を受けて、1970 年頃から理論化が始まった。その後、1980
年代に在宅福祉サービスの開発、1990 年の福祉関係八法の改正により、社会福祉事業の基本理念として
福祉サービス利用者の自立と社会参加の方向性が明らかにされ、地域における福祉サービスの総合的な
提供の実施が明文化された。そして、2000 年の社会福祉事業法から社会福祉法への改正・改称で、地域
福祉は社会福祉法の第1条や第4条に明記されることで社会福祉の大きな流れを形成することとなっ
た。
(2)社会福祉法における地域福祉に関する記載
社会福祉法の目的、第 1 条おいて、「この法律は、社会福祉を目的とする事業の全分野における共通
的基本事項を定め、社会福祉を目的とする他の法律と相ま..