検索ワード入力
menu

社会福祉協議会の基本的性格や機能と課題について

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数1閲覧数212
    ダウンロード数0
  • by rains
内容説明 コメント(0件)

【概要】
社会福祉士養成課程の課題です。
地域福祉の理論と方法

地域福祉推進組織として期待されている市町村社会福祉協議会の基本的性格や機能と課題について整理し、考えを述べる。
その際、新・社会福祉協議会基本要項(全国社会福祉協会議1992年)の内容も含める。

【目次】
1.市町村社会福祉協議会の概要
2. 市町村社協の課題に関する考察

【引用・参考文献】
① 社会福祉法
② 新・社会福祉協議会基本要項(全国社会福祉協会議1992年)
③ 社会福祉士養成講座編集委員会 編『地域福祉の理論と方法(新・社会福祉士養成講座) 第4版』中央法規出版

資料の原本内容

1.市町村社会福祉協議会の概要
(1)法的根拠および目的
市町村社会福祉協議会(以下、市町村社協)は、社会福祉法第 109 条において地域福祉の推進を図る
ことを目的とする団体として規定されている。目的である地域福祉の推進については、同法 4 条に「地
域住民、社会福祉を目的とする事業を経営する者及び社会福祉に関する活動を行う者は、相互に協力し、
福祉サービスを必要とする地域住民が地域社会を構成する一員として日常生活を営み、社会、経済、文
化その他あらゆる分野の活動に参加する機会が与えられるように、地域福祉の推進に努めなければなら
ない。」と規定されている。この「福祉サービスを必要とする地..