検索ワード入力
menu

[PA1070]発達心理学 1単位目2単位目セット

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数274
    ダウンロード数9
  • by 新田琢磨
内容説明 コメント(0件)

2020年合格したものです。1単位目2単位目セットで、このサイト最安値でどうぞ!

資料の原本内容

[PA1070]発達心理学 1 単位目
1 つ目の課題として、発達を規定する要因である遺伝と環境に関する考え方を
4 つ説明し、人間の発達の特徴を述べる。
これまで子供の発達は遺伝によって規定されるのか、それとも環境に影響され
るのか、というどちらか一方に重点を置いての説明がなされてきた。しかし、
現在では遺伝と環境の相互作用によって発達が生じるという考え方が最も一般
的だといえる。
長い間、発達の要因についての論争が繰り広げられてきた。その中考えられて
きたものが「環境優位説」、「成熟優位説」、「輻輳説」、そして「相互作用説」の
4 つである。環境優位説はワトソンにより提唱された。これは、子供の行動や思
考は周りの環境が与える環境によって形成されるというものである。それに対
して展開されたのがゲゼルによる成熟優位説である。子供の行動の変化は多様
であるが、系列と秩序をもって一定の方向に向かっていく。環境は発達の進行
を支え、かつ特殊化させるが、個体発生の基礎的な形や系列を生み出すことは
ないと主張した。要するに、「生まれる前から行動はプログラムされていて、環
境はその方向性に影..