検索ワード入力
menu

「社会が求める診療放射線技師について」 レポート

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数165
    ダウンロード数0
  • by TomoeShike
内容説明 コメント(0件)

授業の後に自分で考えて自分の言葉で提出するよう出された課題に対してのレポートです。A評価を頂いています。学校で配布されているプリントや授業の内容を踏まえて書いています。

資料の原本内容

1
「社会が求める診療放射線技師について」 レポート
「社会」と言われた場合に、私は大別して「患者さんから求められる診療放射線
技師」と「医療従事者から求められる診療放射線技師」に分けて考えることにした。
病院内では、医療従事者=医師・歯科医師・その他のコメディカルとして行う業
務・対象者が患者になる。検査の内、診療放射線技師は、撮影部門で言えば X 線を使用す
る一般撮影と CT撮影と MRI、超音波などの検査の実施、および Angio なども含めた画像
編集を行い、医師の診断材料を作り上げる。また、放射線に関しては被曝量を最低限に抑
え、患者、他医療従事者が被曝しないよう確認する業務を担う。
では、患者は診療放射線技師に何を求めるだろうか。
病院内での患者の状態を考えてみる。患者は、体内に病をもっている。そして、体調の不
調を治療して欲しい、健康に戻してほしいと願って来院する。実際には、検査を受けるよ
う医師が案内される。その検査は初めて受けるものもあれば、どのような検査なのか内容
に不安を感じさせるものある。X 線を伴う一般撮影や CT撮影などは特に、「X 線、放射線」..