検索ワード入力
menu

〈明星通信〉障害児教育概論1 PA2140 1単位目+2単位目セット 合格レポート

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数259
    ダウンロード数0
  • by あさり
内容説明 コメント(0件)

明星大学 通信教育部 「障害児教育概論1」の課題レポートです。
良い講評を頂き、一発合格しました。

【課題】
〈1単位目〉
 1.特別支援教育の成立過程、学校システムの概要に関し概説せよ。
 2.視覚障害児、聴覚障害児の各特性と教育課程、指導の方法に関し概説せよ。
〈2単位目〉
 1.肢体不自由児、病弱虚弱児の各特性と教育課程、指導の方法に関し概説せよ。
 2.インクルーシブ教育と合理的配慮、障害理解教育の必要性に関し概説せよ。


【注意事項】
・添削者により講評が異なります。ご了承ください。
・参考資料としてのご利用を推奨しておりますため、レポートの丸写しはお控えください。

資料の原本内容

【PA2140 障害児教育概論1 1単位目+2単位目 合格レポート】
〈課題〉(1単位目)
1.特別支援教育の成立過程、学校システムの概要に関し概説せよ。
〈レポート本文〉
わが国における従来の障害児教育は、盲教育や聾教育、養護学校教育が中心となり、障
害が軽度であれば特殊学級で行われていた。しかし、一般のクラスに在籍している、知的
障害の分類には入らない学習障害や AD/HD、自閉症スペクトラム障害の子どもたちにも、
個々に合わせた教育が必要であると考えられ、平成 19 年度から特別支援教育が実施され
るようになった。
文部科学省では、平成 13 年に取りまとめられた「2 世紀の特殊教育の在り方について(最
終報告)~一人一人のニーズに応じた特別な支援の在り方について~」を受け、平成 15
年に特別支援教育の在り方に関する調査研究協力者会議が設けられた。そこでは「今後の
特別支援教育の在り方について(最終報告)」が取りまとめられ、公的な文書の中で初めて
特別支援教育という名称が使われることとなった。
前述の協力者会議の最終報告が取りまとめられる中で、平成 14 年に、平成..