検索ワード入力
menu

心理学研究法Ⅱ 優評価

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数89
    ダウンロード数0
  • by 白コニー
内容説明 コメント(0件)

心理学研究法Ⅱ 優評価         皆様の参考の一助になれば幸いです。 パーソナリティ検査における質問紙法・投影法・作業検査法の特徴について述べ、代表的な検査をそれぞれ1つずつ解説しなさい。という課題についてのレポートです

資料の原本内容

1
心理学研究法Ⅱ 2単位目
パーソナリティ検査における質問紙法・投影法・作業検査法の特徴について述べ、代表的
な検査をそれぞれ 1 つずつ解説しなさい。
心理検査と一口で言ってもさまざまな種類があり多岐にわたる。代表的なもので言えば、
知能検査や発達検査、パーソナリティ検査が挙げられる。それぞれの検査もまた様々な種
類や方法があるが、なかでもパーソナリティ検査は人格検査ともいわれ、大きく以下の3
つに分類されている。
① 質問紙法
質問紙法とは、性格に関する質問をダイレクトに質問紙を用いて問い、その定型的な質
問に対して回答してもらう検査の方法である。その回答から査定を行う。被検査者の意識
面の把握という部分を検査対象としており、回答には「選択肢回答」と「自由回答」など
がある。他の検査に比べると比較的短時間で行えるという利点があるため、被検査者の時
間的な負担や精神的ストレスが軽減される。また、検査者においてもあらかじめ設定して
ある質問に質問紙を用いて答えてもらうため、熟練した技術を要することなく実施が容易
にできるという利点がある。しかしその反面、個人の言語能力や文化..