検索ワード入力
menu

人格心理学 3単位目 優評価

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数50
    ダウンロード数0
  • by 白コニー
内容説明 コメント(0件)

人格心理学 3単位目         皆様の参考の一助になれば幸いです。  力動的構造論の一つをとりあげ、その力動的構造論の観点から、心理的不適応の具体例について考察しなさい。  という課題についてのレポートです

資料の原本内容

1
人格心理学 3単位目
力動的構造論の一つをとりあげ、その力動的構造論の観点から、心理的不適応の具体例に
ついて考察しなさい。
力動的とは、それぞれが決まった秩序の中でそれぞれに動いているが、全体としては統
制のとれた調和を保っている状態をいう。すなわち力動的構造論とは、人間の人格を身体
のように、いくつかに分類された領域と捉え、それを構成する要素は役割に従って各々に
動いているとする考え方である。力動的構造論は、対象者の可視化できない様々な相互的
葛藤や不適応状態を説明しやすいという利点がある。その一方で、力動的構造論は、領域
や分類は研究者が説明するための概念であり、はっきり目で見える形にできない。そのた
め研究は非常に難しいといえる。そのような力動的構造論の中でも、まずは、レヴィンの
場の理論から心理的不適応の具体例について考察する。
レヴィンが提唱した場の理論とは、人間の行動はパーソナリティや欲求、環境のいずれ
かひとつだけが原因ではなく、人間の特性とその人が置かれた環境の相互作用によって規
定されるという考え方である。行動はただ動くというだけではなく、願望や思考など..