検索ワード入力
menu

聖徳 通信 ポジティブ心理学 第2課題 評価A

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数177
    ダウンロード数0
  • by かほかほ
内容説明 コメント(0件)

評価:A

設題名:

1.Well-Beingとはどういうことかについて述べ、Well-Beingに影響する要因について述べなさい。

参考文献:

ポジティブ心理学 21世紀の心理学の可能性、島井哲志、ナカニシヤ出版、2014年12月9日(第7刷発行)

資料の原本内容

人口の高齢化が進行していく中で、QOL と密接した主体的Well-Beingや幸福感の
研究が盛んになってきた。ポジティブ心理学を理解するにあたり、「良い人生とは何か」
という理想像を明確に示すことが大きな課題である。本レポートでは、Well-Being とは
どういうことかについて述べ、Well-Beingに影響する要因について述べる。
Well-Beingとは日本語では、こころの健康・幸福感と訳されるが、主な定義として、人
が理想的な人生を送っているかどうかの問題である。さらに、何が理想の人間であるか
の哲学的問題にも関係する。
しかし理想的な人物像は、アメリカや北欧と、アジアでは違いがある。「アメリカでは、
Well-Being を人生の満足度、肯定的感情の頻度、または否定的感情の欠如で測定
することが多い」(島井,2014,P.115)一方で、日本では尊敬されている、愛されている
などのように周りに受け入れられ、認められている姿を理想的な人間像としているので
ある。主に肯定的な感情をもって、Well-Being というのは歴史的には特にアメリカでの
傾向である。
否定的感..