検索ワード入力
menu

教育原理設題1~教育に関する今日的課題~

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数213
    ダウンロード数2
  • by もっちゃま
内容説明 コメント(0件)

令和2年度の豊岡短期大学通信課程の『教育原理』のレポート設題1です。
教育に関する今日的課題を選ぶということで、小1プロブレムについて選択し、自らの意見もまとめています。
テキストや参考書をまとめる系のものは普通は簡単(例えば教育心理学の物とか)なのですが、この設題に関してはテキストの内容がどうしても薄いため、複数の参考書やサイトからまとめなければならず、難易度は普通といったところでしょうか。
丸写しはトラブルの元となりますので、お控えください。

資料の原本内容

32010 教育原理
設題1 教育に関する今日的課題を1つ選び、具体例を挙げつつ概要を説明しなさい。そ
のうえで、説明した今日的課題についての自らの意見をまとめなさい。
今年は大学新入試の紆余曲折が世間を賑わせ、大きな課題を残したことは記憶に新しい
が、幼児教育における今日的課題の 1 つとして、1998 年頃から課題として認知されるよう
になった「小1プロブレム」というものがある。この課題について詳しく述べていきたい。
「小 1 プロブレム」とは、「授業不成立」「学級機能の不全状態」「集団形成上の問題」と
いう状態が続くことを指す。2011 年の法改正により小学 1 年生の 1 クラスの上限人数が 40
人から 35 人に引き下げられたこともこのことが関係している。
この問題の大きな原因は、幼児教育施設と小学校の間にギャップがあることだ。例えば、
遊び中心の生活から勉強中心の生活に変わることや、時間割というものが明確に決められ
ておりそれに従わなければならないこと、集団行動が増えることなどがギャップとして挙
げられる。施設によって、方針や過ごし方の違い、保育者や教員の経験不足..