検索ワード入力
menu

佛教大学 Z1103 教育心理学1 第1設題

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数78
    ダウンロード数0
  • by kow01586
内容説明 コメント(0件)

児童期,青年期において社会的認知(社会性の発達,対人関係(親・仲間))の拡がり,自己意識などがどのように変化するかをまとめよ。

2018年度AかB判定

資料の原本内容

Z1103 教育心理学1 第 1 設題
(1)
児 童期 ,青年 期にお いて 社会的 認知( 社会 性の発 達 ,対人関 係( 親 ・
仲 間))の拡が り,自己 意識な どがど のよう に変 化する かをま とめよ 。
発 達段階 の区 分は小 見山栄 一が 提唱し たもの に従い ,児童 期は小 学校
年代,青 年期 は中学 ・高校 ・大学 初期年 代 と する。
児 童期に は, 小学校 という 新し い環境 に飛び 込むこ ととな る。そ の 不
安 を解消 する ため, 子ども はまず,教師に依 存しよ うとする が,次 第に
子 どもど うし の結び つき, 仲間関 係が 心理的 に占め る割合 が 親や教 師と
の 関係を 超え るよう になる 。
小 学校中 学年 になる と,ギ ャン グ・エ イジと 呼ばれ る時期 に 入る 。仲
間 関係の 中で 地位や 役割の 分化が 生じ ,母親 や教師 への同調 は低下 する
反面,仲間へ の同 調が増 加して いく 。5~ 8 人 くらい の同性 で構成 され る
い たずら 集団 をつくり,大 人に干 渉さ れ..