検索ワード入力
menu

創価学会のカリスマ性

  • 会員1,100円l非会員1,320円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数480
    ダウンロード数0
  • by kumomomo
内容説明 コメント(0件)

なぜ、創価学会がここまで大きな組織になったのかを創業者の池田大作を取り挙げ、彼のカリスマ性についての考察。

資料の原本内容

創価学会のカリスマ性
現在の日本には 22 万を超える宗教団体が存在している。その中でも、最も存在が知られ
ており、且つ、唯一政党要件を満たしている宗教団体がある。それが創価学会である。創
価学会は、今では日本で注目度の高い巨大な宗教団体と言っても過言ではない。日本人は
宗教に対して必ずしも良いイメージを抱いていないのにも関わらず、創価学会の会員数は
増えており、日本人の16%以上が創価学会員という状況である。そして、宗教信者が少な
い日本でこれほどまでの勢力を持つようになったのは池田大作のカリスマ性にあると考え
られる。それゆえ、私は、本レポートで創価学会の元名誉会長である池田大作のカリスマ
性はどのような点にあるのかについて考察したい。。
池田大作は、メディア上では、巨大教団の独裁者、権力者としての姿など批判的に報道
されることが多いが、創価学会側は、彼を人類の平和、幸福の実現を目指して、世界的に
活躍する優れた宗教家として賞賛している。その中でも特に、池田は会員との強い絆で結
ばれているという事実が強調されている。その事例として、現創価学会主任副会長である
谷川佳樹のインタビ..