検索ワード入力
menu

英語文学研究2科目最終試験

  • 会員1,100円l非会員1,320円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数276
    ダウンロード数0
  • by 文学部英米
内容説明 コメント(0件)

合格済み英語文学研究2科目最終試験答案です。77点でした。

資料の原本内容

1. へミングウェイの『エデンの園』を、フェミニズムの視点から読んで、その面白さを述
べなさい。
『エデンの園』は、ヘミングウェイが 1946 年から書き始めて 12 年以上にわたり断続的
に執筆を続けたが、完成させることはできず、彼の死から 25 年後の 1986 年に、ジェンク
ス(Tom Jenks)が編集を行い出版された作品である。まずストーリーの概要を述べる。
小説の時代背景は 1920 年代。期間は、夏を挟んだ約半年間。舞台となるのはおもにフラ
ンスのリビエラ地方とスペインである。主人公はアメリカ人の新進作家のデイヴィッド
(David Bourne)。デイヴィッドは作中における主な語り手でもある。裕福な娘キャサリン
(Catherine Hill) とパリで結婚をし、新婚旅行でリビエラ地方の海岸の静かな漁村に滞在
した。二人は食べて、酒を飲んで、セックスをして、泳いで寝ることを繰り返すしあわせ
でけだるい日々をしばらく過ごす。その幸せではあるが単調な繰り返しのなかで、妻のキ
ャサリンは変化を求めるようになり、髪を短く刈り、セックスにおいて男女の役割の交換
を求めたり、..