検索ワード入力
menu

【日大通信】英語音声学(N30600)課題2【2019~2022年度】

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数2,078
    ダウンロード数44
  • by こびぃー
内容説明 コメント(0件)

【日大通信】英語音声学(N30600)課題2【2019~2022年度】

英語音声学、課題2の合格リポートです。

講評では、「よくまとまっています。」とコメントをいただいております。

丸写しは厳禁です。あくまでリポート作成の参考程度としてください。
ご使用は自己責任でお願いいたします。

資料の原本内容

英語音声学(科目コード N30600)課題2
【課題】
次の 2 問すべてに答えなさい。
1.アクセントについて、例をあげて説明しなさい。
2.イントネーションの音声学的特質について、具体的に示しなさい。
<ポイント>
1.句、複合語、文のアクセントに関する知識
2.イントネーションに関する知識
<キーワード>
リズム、音調群、各音調の用法
(以下本文)
アクセントはある語または句や文において特定の音節が他の音節よりも目立って聞こえ
る音節で、語アクセント、複合的アクセント、句アクセント、文アクセントに分類される。
英語では最も強い第一アクセント、次に少し強い第二アクセント、弱く発音される弱アク
セントの強弱の組み合わせによりリズムが生まれる。常に第一アクセントおよび第二アク
セントを伴った音節に現れるのが強母音で、常に弱アクセントの音節に現れるのは弱母音
/i /, /ə/,/ɚ/, /ju/だが、/ɪ/, /u/ はどちらも可能で全ての音節に現れる。
語アクセントは単語を形成するいくつかの音節のアクセントである。英語はすべての語
が本来第一アクセントを持って..