検索ワード入力
menu

日本大学通信教育部 広告論 課題2 2019~2022年度

  • 会員1,210円l非会員1,452円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数714
    ダウンロード数7
  • by ameyami
内容説明 コメント(0件)

2019~2022年度合格リポートになります。

資料の原本内容

現象としてのコモディティ化を示し、コモディティ製品が価格ではなくブランドによっ
て消費者に選択・購買されるための広告コミュニケーションの役割を述べる。
まず、コモディティ製品の特徴であるが、コモディティ製品は人が生活する上での日常
必需品であり、基本的な機能や性能が備わっていれば購入される商品群である。また日常
必需品であるがために、恒常的な需要はあるが、ブランドによって差別化されることはな
い。つまり消費者にとっては、どこのブランドでも代替可能な製品である。これらの製品
は生活になくてはならないが、趣味や嗜好によって消費される製品ではないため、消費者
にとってはこれらの製品を購入することは楽しみとはならず、できるだけその支出を抑え
ようとする。またその消費量も消費者の世帯人数に左右されるため、近年の少人数世帯、
単身世帯の増加により、コモディティ製品の市場も縮小している。
これらの特徴からコモディティ製品は消費者にとって必需品でありながら、どこブラン
ドでも代替可能であり、なるべくその支出を抑えようとすることにより、消費者はコモデ
ィティ製品を価格によって選択するのである。企業は..