検索ワード入力
menu

日大通信(2019年)経営学MA最終レポート

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数909
    ダウンロード数16
  • by Hitomijo
内容説明 コメント(0件)

日本大学通信教育部、メディア講座の最終レポートです。
2019年6月提出。合格のものです。
コーポレート・ガバナンス、株式会社制度、監査、委員会、事例として東芝をあげています。
3300字程度

資料の原本内容

経営学 MA 最終課題レポート
2019 年 6 月
(1)コーポレート・ガバナンスは「企業統治」とも呼びますが、株主やさまざまなステー
クホルダー(利害関係者)の立場から経営者を監視・監督するとともに、ステークホルダー間
の利害を調整することを意味している。ガバナンス機能を強化する理由として、例えば経営者
が絶対的な権力を持つワンマン企業など、経営者が暴走した時に誰も止められないということ
を回避するためである。言い換えると、株主の意志に反して経営が進まぬよう、しっかり監視
をしておくことである。コーポレート・ガバナンスは 1980 年代に注目されたが、その背景とし
ては当時アメリカで M&A ブームが訪れた時、企業が買収防衛策を強化していったことがある。
その施策が株主の利益を損なう恐れがあったことから、経営の監視を強化するようになった。
日本でも、企業の粉飾決算、談合などの不祥事が度重なり発生したことがあり、その時にコー
ポレート・ガバナンス強化の必要性が叫ばれた。
次に経営を監視・監督する外部のステークホルダーを挙げていく。まず第 1 に株主である。
多くは年金基金などの..