検索ワード入力
menu

八洲学園大学 生涯学習論 2019年春期 第1回_第2回_課題レポート

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数88
    ダウンロード数0
  • 最新修正日 2019/10/08 9:08
  • by nob2kiyo
内容説明 コメント(0件)

八洲学園大学 図書館司書コース
生涯学習論1
2019年春期 第1回、第2回課題レポート
課題レポート課題1の評価はAでした。課題2の評価はBでした。履修後の成績は良でした。
このまま提出せず参考として使って下さい。
【設問】
第1回課題
テキストの第1章第1節の3「生涯学習が必要とされる背景」を800字程度にまとめなさい。
第2回課題
テキストの第5章第1節「社会教育の内容」を600字程度でまとめなさい。

資料の原本内容

課題1
「生涯学習が必要とされる背景」
現在、なぜ生涯学習の必要性が求められているか。
その必要性について、個人の側からと社会の側からの二つの側面からみてみる。
〈個人の側からみた場合〉
科学技術の発達は、激しく変化する社会を生み出している。この社会に対応して生きて
いくためには、常に学習することが求められている。
しかし、新しい知識や技術は陳腐化の速度が速まっており、習得しても役に立つ期間は
限られている。変化の激しい社会においては、簡単には変わらない基礎となる思考法や学
び方を身につけることが、むしろ重要といえる。
また、人生80年時代を迎え定年退職後の生活を充実させるために学習する傾向や、精
神的豊かさを求めて学習する傾向がみられる。近年は、学習成果を社会や他者のために役
立たせ生きがいを得ようと学習する人が増えている。
〈社会の側からみた場合〉
グローバリゼーションに伴う競争から逃げられない現代では、その競争に勝つために常
に新たな価値を創造していく学習が必要である。
一方で、競争社会は、格差、雇用、環境等の諸問題、国や地域固有の文化の破壊、道徳
や法等の軽..