検索ワード入力
menu

(優評価)「バイスティックの原則」のうち3つの原則を選び、実践やスクーリングでの体験を通して援助のあり方を論じなさい。

  • 会員660円l非会員792円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数2,896
    ダウンロード数22
  • by kokana
内容説明 コメント(0件)

社会福祉士養成通信大学のレポート課題です。

科目名「社会福祉援助技術演習A」
評価は優(優、良、可、不可のうち)

課題
「バイスティックの原則」のうち、3つの原則を選び、実践やスクーリングでの体験を通して、援助のあり方を論じてください。

資料の原本内容

(課 題)
 「バイスティックの原則」のうち、3つの原則を選び、実践やスクーリングでの体験を通して、援助のあり方を論じてください。
(解 答)
 相談援助をする際にまず重要なことは、相手を理解し尊重することだと考える。また、援助者がサービス利用者を大切にした援助をしたいと考えるならば、援助の手段である自分自身の言動が相手に与える影響についても敏感でなければならない。利用者が「援助者との出会いを通じて、安全で脅かされず、自由なままでいることが許容されているように感じられることが重要」¹⁾である。私自身、現在保育士として働いているが、今後、より原則に基づいた援助が展開できるように、援助のあり方について保育現場での経験も踏まえながら改めて考えてみたい。ここでは、「バイスティックの原則」7つのうち「受容の原則」「非審判的態度の原則」「クライエントの自己決定の原則」の3つを取り上げて論じたい。 まず、「受容の原則」とは、「クライエントの人間としての尊厳と価値を尊重しながら、彼の健康さと弱さ、また好感を持てる態度と持てない態度、肯定的感情と否定的感情、あるいは建設的な態度および行動と破壊的な態度お..