検索ワード入力
menu

佛教大学通信 P6302 米文学史 第2設題 A判定

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数662
    ダウンロード数0
  • by nissan407
内容説明 コメント(0件)

佛教大学の米文学史(P6302)の第2設題のレポートです。A判定でした。うまくまとめられているとコメントをいただきました。レポート作成の際に、参考にしてください

資料の原本内容

(1) アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作
品名を挙げて論じなさい。
(2) ベトナム戦争とアメリカ文学について、具体的な作家、及びその
作品名を挙げて論じなさい。
(1) アメリカン・ルネッサンス
野間と持留(2013 ) によると 、アメリカン・ルネッサン スとは、 F・O
・マシーセンの作品の『アメリカン・ルネッサンス―エマソンとホイッ
トマンの時代の芸術と表現』のおいて一般的に定義された用語である。
その中で以下の7つの代表的な作品が、アメリカン・ルネッサンス期、
すなわち1850年から1855年の間に著されている。エマソンの
『代表的人間』、ホーソーンの『緋文字』と『七破風の家』、メルヴィ
ルの『白鯨』と『ピエール』、ソローの『ウォールデン』、ホイットマ
ンの『草の葉』である。そしてマシーセンはこれら5人の各々の作品に
ついて、英文学、米文学、絵画に関する多様な知識を活用しながら、分
析批評をし、高く評価しているのである。この点において は、アメリカ
文学は完全に英文学から独立をした分岐点の1つとなりうるのである。
また、マシーセンのアメリカン・..