検索ワード入力
menu

学校におけるスポーツ教育の問題と対策

  • 会員540円l非会員648円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数42ダウンロード数0
  • 最新修正日 2019/05/07 18:41
  • by はむたろー
内容説明 コメント(0件)

学校におけるスポーツ教育の問題と対策について書いたレポートです。

資料の原本内容

テーマ「学校におけるスポーツ教育の問題と対策」
2020 年、スポーツ祭典である東京オリンピックの開催が予定されている。今やスポーツ
は生活に身近な存在となっている。スポーツをする意義は体を動かすことにより、爽快感
や達成感や他者との関りを持つことができ、体力の向上やストレスの発散、また生活習慣
病の改善など心身ともに健康的な体作りに大きな効果がみられる。またスポーツをするこ
とは自己のアイデンティティの確立や個人の意見や価値観の構築にも影響している。小さ
い子供からお年寄りまで生活の軸になっている人や、自らの熱意のむくところであること
も多い。しかし、スポーツの教育では様々な問題が生じる。一時期大きくニュースになっ
たがスポーツを教えている顧問や、監督があまりにも勝ちにこだわりすぎて正当化した暴
力をふるってしまうことや運動離れにより、子供たちの体力の低下なども言われている。
今回は学校で行われているスポーツ教育の問題点を見つめていきたい。学校教育の目的と
して、主に三つの要素があげられる。それは知能を高めて知識を豊かにする知育、社会生
活上で守るでき行為の基準や個々の良心を育てる..