検索ワード入力
menu

人体構造学 レポート 姫路大学 平成30年度

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数1,316
    ダウンロード数0
  • by ぶたぬきんぐ
内容説明 コメント(0件)

平成30年度 姫路大学通信教育課程「人体構造学」
合格済みレポートです。レポート作成の際に参考資料としてお使いください。
設題*ヒトの心臓の内部構造について説明しなさい。

所見*非常にわかりやすく、丁寧にまとめられています。
また参考資料等を活用した跡が見られ大変よく学修され、理解されています。

資料の原本内容

設題1
ヒトの心臓の内部構造について説明しなさい。
1)房室中隔
心房中隔とは左右の心房を隔てる中隔を指し、同様に心室中隔は左右の心室を隔てる中
隔を指す。これらの中隔は膜性部、筋性部から成る。原始心筒がルーピングして、心房・
心室の形ができてくる頃に房室管部では心内膜筒と心筋の間にあるゼラチン状の結合組織
である心ゼリーが増える。心内膜から上皮間葉転換によって遊離して形質転換した間葉系
細胞が、 心ゼリー内に侵入して心内膜床が形成される。心内膜床は主に上方(背中側)およ
び下方(腹側)から高くもりあがって発達する。それらが上・下心内膜床の中央部で引っ付き
房室中隔が形成される。
胎生..