検索ワード入力
menu

公衆衛生学II 設題1 姫路大学 平成30年度

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数998
    ダウンロード数2
  • by ぶたぬきんぐ
内容説明 コメント(0件)

平成30年度 姫路大学通信教育課程「公衆衛生学II」
合格済みレポートです。レポート作成の際に参考資料としてお使いください。
設題*現在問題となっている環境保健の問題について、地球レベルの観点および各個人レベルの両方の観点から論述しなさい。

所見*大変興味深く読ませていただきました。着目点はよく、調べられたことが記載されており、学習の成果が見られます。

資料の原本内容

現在問題となっている環境保健の課題について、地球レベルの観点および各個人レベルの
両方の観点から論述しなさい。
環境保健とは環境を知り、人の健康への影響という立場から環境を捉え我々の持つリスク
を考え、その知識を取得し予防策を理解することである。例えば我々生物が生きていく上
で必要不可欠なものとして空気が挙げられる。我々が住む地球の表面は大気に覆われ窒素
と酸素で約99%を構成している。しかし19世紀の産業革命以降化学燃料の大量消費に
伴い大都市を中心に重大な大気汚染が引き起こされてきた。過去日本においても石油コン
ビナートの排煙に含まれていた二酸化硫黄を主体とする大気汚染により四日市喘息と..