検索ワード入力
menu

佛教大学 教育方法学 第2設題 通信 2018年度対応

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数6閲覧数1,655
    ダウンロード数11
  • by shotarou
内容説明 コメント(0件)

佛教大学通信教育過程


S0104 教育方法学 第2設題のレポートです。

判定はBでした。

レポート作成の参考にしていただければ幸いです。

資料の原本内容

(1)
知 識基盤 社会 におい て、教 師が経 験に基 づき ながら 、自分の 教育技 術や
判 断 力 を高 め るた め の 効果 的 な ICTの 活 用 方法 を 考え な さい 。 と くに 、
教 育の情 報化 や育成 すべき 人材像 をふま えて 、必要 とされる 教師力 の視
点 から具 体的 に説明 せよ。
情 報 技 術 が 進 展 し 、 21世 紀 は 知 識 基 盤 社 会 と 言 わ れ て い る 。 こ れ は
2005 年 の 中 央教育 審議会 の「 我が 国の高 等教育 の将来 像」の 答申の 中で
示 されて いる 。この 答申の 中では 『新し い知 識、情 報、技術 が政治 、経
済 、文化 をは じめ社 会のあ らゆる 領域で の活 躍的に 重要性を 増す社 会で
あ る』( 1)と定 義して いる。ま た、経済 協力開 発機 構(OECD )は 、『 1997
年 から 2003 年 に か けて 、多く の国 々の認 知科学 や評価 の専 門家 、教育 関
係 者など の協 力を得 て、「知 識基盤 社会」の時 代を担 う 子ども..