検索ワード入力
menu

読書感想文 オースティン『高慢と偏見』

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数1,924
    ダウンロード数0
  • by mosB
内容説明 コメント(0件)

評価Bレポートです。

資料の原本内容

読書感想文
ジェイン・オースティン「高慢と偏見」に見る、エリザベスの結婚観
作者について
ジェイン・オースティン(1775-1817)
田園豊かな南イングランドのハンプシャー州にあるスティーヴントンという村に生まれる。父ジョージ・オースティンはオクスフォード大学出身の牧師、母カサンドラは貴族ともつながりのある良家の出身で、一家は紳士階級に属していた。夫妻は男6人、女2人の子どもをもうけ、7番目に生まれた次女がジェインである。オースティン家では、一家そろっての詩や散文を朗読する会がしばしば開かれた。ジェインも早くから文学に親しみ、少女時代から創作を始めた。それらは家族を楽しませる目的で書かれたもので、3冊のノートとして残された。二十歳のころから、後に長編小説として出版される『分別と多感』や『高慢と偏見』の初期の草稿を本格的に書き始めた。
1800年秋に、父ジョージはジェイムズに牧師職を譲り、バースへ隠居することを決め、翌年、ジェインも父母および姉と共に移り住んだ。1805年に父が亡くなってからは、親子三人で下宿を転々としたのち、1806年夏にサウサンプトンに移った。1809年夏に、親戚の..