検索ワード入力
menu

【障害者福祉論 A評価】障害者の自立支援の現状と課題について述べよ【東京福祉大学】

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数716
    ダウンロード数2
  • by 10good
内容説明 コメント(0件)

レポートを作成する際には、図書館で最新・最適の参考文献・資料を探しました。
また、公官庁のデータも、レポート作成時点において、最新のデータを用いています。
さらに、誤字や脱字、文章構成についても細心の注意を払い、そうした形式面でのミスは
最小限度に抑えています!


レポートで何を書いていいのか分からない方や、
なかなかレポート作成のための時間を作れない社会人の方、

私の資料が、社会福祉士を含む福祉専門職を目指す、
通信教育学生(特に社会人!)の方の勉学の一助になれば幸いです!

資料の原本内容

「障害者の自立支援の現状と課題について述べよ。」
1. 「障害者福祉の憲法」たる「障害者基本法」
 我が国における障害者の自立支援の現状と課題を検討する際、その社会参加を支援するための法体系や施策を把握することが不可欠である。我が国において、「障害者福祉の憲法」とも称されるのは、「障害者基本法(以下、基本法とする)」(昭和45年法律第84号)である。同法は、1970年に制定された「心身障害者対策基本法」の内容を一部改正する形で制定されたものであるが、「完全参加と平等」という国際障害者年(1981年)において示された基本理念を踏まえ、障害者の「自立」及び「社会参加」を目的として掲げ(同法1条)、その後の我が国における障害者福祉施策の方向性を決定づける重要な意義を有するものであった。我が国の障害者福祉に関する法体系は、この基本法を中心として、障害種別(身体・知的・精神)・年齢別(成年・未成年)に個別法があり、さらにこうした枠組みを超えた法律として、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」が存在する、重層的構造を成している。
2. 法律による「障害者」..