検索ワード入力
menu

日大通信 特別活動の研究M/特別活動論M「メディア授業」2019~22年 理解度チェック1~4、最終レポートA評価

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数8閲覧数1,888
    ダウンロード数21
  • by ポトラッチ
内容説明 コメント(0件)

日大通信 特別活動論M メディア授業理解度チェック1~4・最終レポート試験のセット

丸写しはさけて、参考にしたり、学習に役立てたりしていただければと考えております。
資料としてお使いください。
教材名『最新 特別活動の研究』
関川 悦雄  出版社名啓明出版

資料の原本内容

日大通信 特別活動の研究M/特別活動論M メディア授業理解度チェック1~4、A評価最終レポート試験のセット


特別活動の研究M/特別活動論M(前期後期開講)

理解度チェック1

1 現在の教育課程はどんな領域で編成されるかについて述べよ。(300字以内にまとめよ。)

戦前や戦後すぐの間は教育課程を国語、社会、数学、理科、音楽、体育、外国語といった教科に限定していて、教育的価値があると認められても他の学科は教育課程に含まれず、「学科課程」と言った。しかし現在では、学校教育の中で展開されている学級活動、生徒会活動、学校行事、その他部活動などの従来の教科外の活動領域に相当するものが、「特別活動」と総称され、完全に承認されている。したがって、教科外の領域、すなわち本来教科と見なされないような、生徒たちの自主的な活動、あるいは自由な集団的活動は、教育的な価値があるものとして認められたので、積極的に正規の教育内容の中に編入し、教育課程の一領域と見なしてもよいのである。300字

2 遠足と運動会のそれぞれの教育的価値について明治期と現在の両時代にわたって述べよ。(300字以内にま..