検索ワード入力
menu

東北福祉大学 障害者福祉論1単位目

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数1,006
    ダウンロード数6
  • by ハッピー東北
内容説明 コメント(0件)

ノーマライゼーションおよびリハビリテーションの理念についてまとめ、基本的な考え方について述べなさい。また、その実現のためにはどうしたらよいか、テキストにとりあげられている取り組みなどを参考に、あなたの考えを述べた内容

資料の原本内容

ノーマライゼーションおよびリハビリテーションの理念についてまとめ、基本的な考え方について述べなさい。また、その実現のためにはどうしたらよいか、テキストにとりあげられている取り組みなどを参考に、あなたの考えを述べなさい。
ノーマライゼーションとは、「北欧の知的障碍児の人権擁護に端を発した理念」である。この背景には1950年代に始まった障碍者を社会から隔離するために、巨大コロニーを建設して居住させるなどの隔離保護主義があった。「デンマークの社会省知的障碍福祉課のバンク-ミケルセン(Bank-Mikkelsem,N.E.)が『知的障碍者の親の会』と共に運動を展開し」、世界で初めて提唱した思想である。これにより、社会省に法改正と運営改善の委員会が設けられ、「知的なハンディキャップを負っていても、その人は人格をもち、みんなと同じような生活をする『権利』をもっている。この人々のためにでき得る限り、ふつうの生活条件を創造する『責任』が社会にはある」として、1959年にノーマライゼーションの言葉や思想を組み込んだ法律が制定された。また、「バンク-ミケルセン、スウェーデンのニィリエ(Nirje,B.)、..