検索ワード入力
menu

S0104  教育方法学 第2設題 A判定 2018年 最新版

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数5閲覧数2,004
    ダウンロード数35
  • by Olympic 2020
内容説明 コメント(0件)

S0104  教育方法学 第2設題のA判定レポートです。
教科書や参考文献を上手くまとめて書きました。
参考にしていただけるとありがたいです。

資料の原本内容

知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
 激変する社会を生きていくためには、様々な能力の習得が必要となっている。その中でも特に情報教育は重要であり、ICTを活用した授業の展開やその整備が必要となっている。
◎知識基盤社会について
 情報技術が進展し、21世紀は知識基盤社会といわれている。2005年の中央教育審議会答申において、知識基盤社会の特質として、①知識には国境がなく、グローバル化が一層進む、②知識は日進月歩であり、競争と技術革新が絶え間なく生まれる、③知識の進展は旧来のパラダイムの転換をともなうことが多く、幅広い知識と柔軟な思考力に基づく判断が一層重要となる、④性別や年齢を問わず参画することが促進される、が挙げられる。このように、グローバル化が加速するとともに、競争や技術革新が生まれ、幅広い知識と適応力が重要となってくる。知識や技能が陳腐化しないよう常に更新し、学校教育を修了した後も、生涯に渡って学ぶこ..