検索ワード入力
menu

八洲学園大学 図書館情報資源概論 2017年秋期 第2回課題レポート

  • 会員1,100円l非会員1,320円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数8閲覧数1,687
    ダウンロード数13
  • by こんにちは100
内容説明 コメント(0件)

八洲学園大学 図書館司書コース
図書館情報資源概論
2017年秋期 第2回課題レポート
課題レポート評価はAでした。履修後の成績は優でした。

<設問>
以下の1)2)の設問にそれぞれ答えよ。
1)わが国における商業出版・流通の特徴について、「取次」「委託販売制度」「再販制度」という3点を含めて解説しなさい。(1,500字程度)
2)コレクション構築のプロセスの概要をまとめ、公立図書館においてコレクションを構築する際に留意するべき点について考察せよ。(2,000字程度)

※レポートの作成には、課題配信時に提示される「レポート提出時の注意」の<課題の解説><注意>を熟読の上、十分留意すること。


レポート作成時の注意
<課題の解説>
1)主としてテキスト第4章を参考に、わが国における商業出版・流通の仕組みについて、「取次」「委託販売制度」「再販制度」という3点を含めてまとめること。
2)コレクション構築のプロセスについて概要を説明しながら「公立図書館(都道府県立または市区町村立図書館)」において留意するべき点について考察すること。公立図書館以外の館種(国立国会、学校、大学、専門等)は不可とする。例えば「資料選択」では、収集方針、利用者とニーズ、現有コレクションの状況、予算、相互貸借による利用可能性など、複数の要因が相互に関係する複雑な問題を含んでいる。テキスト第3章を参考とする他、参考文献などにも積極的にあたっていただきたい。

<注意>
●1)2)の設問の両方に回答すること。一方のみに回答された場合には、不備(未提出=不可)となる。提出後に不備に気がついた場合には速やかに連絡をすること。
●提出期限厳守。遅れたものに関しては原則として受理しない。やむを得ない事情で提出が遅れる場合は、必ず「質問機能」から連絡をすること。連絡はレポート提出画面からは送信しないこと(対応が間に合わず、評価不能=不可になる)。
●テキスト、参考文献の内容をふまえてまとめること。事例や経験などから考察を加えると良い。ただし、単なる体験談や経験、感想を述べただけのレポートは不可とする。
●指定された制限文字数を厳守のこと。「程度」とはプラスマイナス1割程度のことを指す。過度に分量の少ないもについては不可とする。大きく字数が超過したものについては減点となる(制限文字数以内でまとめることも評価に含まれるので留意すること)。
●他人の著作物(web上のものを含む)から引用する場合は、引用箇所を明記し、その出典を明らかにすること。引用文献や参考文献のリストは、設問の解答の最後にそれぞれまとめること(記述形式は任意)。Web上の情報の場合には、URLとアクセス日を明記すること。
●引用・参考文献の一覧は制限文字数に含めない。
●盗作や剽窃は評価の対象とせず、判明した時点で即不可とする。また、構成・表現等から同一とみなされるレポートが提出された場合には、そのすべてが不可となる。

資料の原本内容

図書館情報資源概論
<設問>
以下の1)2)の設問にそれぞれ答えよ。
1)わが国における商業出版・流通の特徴について、「取次」「委託販売制度」「再販制度」という3点を含めて解説しなさい。(1,500字程度)
2)コレクション構築のプロセスの概要をまとめ、公立図書館においてコレクションを構築する際に留意するべき点について考察せよ。(2,000字程度)
レポートの作成には、課題配信時に提示される「レポート提出時の注意」の<課題の解説><注意>を熟読の上、十分留意すること。
レポート作成時の注意
<課題の解説>
1)主としてテキスト第4章を参考に、わが国における商業出版・流通の仕組みについて、「取次」「委託販売制度」「再販制度」という3点を含めてまとめること。
2)コレクション構築のプロセスについて概要を説明しながら「公立図書館(都道府県立または市区町村立図書館)」において留意するべき点について考察すること。公立図書館以外の館種(国立国会、学校、大学、専門等)は不可とする。例えば「資料選択」では、収集方針、利用者とニーズ、現有コレクションの状況、予算、相互貸借による利用可能性など、複数の要因..