検索ワード入力
menu

八洲学園大学 図書館情報技術論 第2回課題

  • 会員1,980円l非会員2,376円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数656
    ダウンロード数0
  • by mamemameo0201
内容説明 コメント(0件)

八州学園大学 図書館情報技術論 第2回課題

合格課題レポート 評価A

このまま提出はせず、参考資料に
使ってください。

資料の原本内容

図書館情報技術論 
1.集中目録作業
   目録記述の標準化と作業の省力化をめざして、印刷した目録カードを作成し各図書館に頒布する取り組み。
MARC
  Machine- Readable Cataloging:機械可続目録
コンピュータで処理された目録情報。目録作業の標準化と効率化を実現するために作られた
総合目録
   二つ以上の図書館の蔵書目録を一つに合わせたもの。自館の蔵書目録情報を他館と共有することで、どのような資料がどの図書館にあるかを一覧できる。
NACSIS-CAT
   日本の代表的な書誌ユーティリティ。オンライン共同分担目録方式により全国規模の総合目録データベースを形成するためのシステム。 目録業務の省力化、他館が作成したデータの利用が可能になり、効率的に目録作業をすることができる。東京大学文献情報センターが国内の大学図書館向けに開発し、1985年に本格的サービスが開始された。「NACSIS」は、以前サービスを提供していた学術情報センターの略。(NAtional Center for Science Information System)
CiNii Books
..