検索ワード入力
menu

2018年対応 佛教大学 S0106 教育社会学 第1、2設題 A判定

  • 会員880円l非会員1,056円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数10閲覧数1,554
    ダウンロード数7
  • by あゆみん15
内容説明 コメント(0件)

佛教大学、S0106 教育社会学の第1、2設題のレポートです。 共にA判定をいただきました。 レポート作成の参考にしていただければと思います。

第1設題
 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行する教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

第2設題
学歴低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。

教科書の内容を中心にまとめています。教科書の参考ページも載せていますので参考にしてください。

資料の原本内容

 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行する教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
 学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。学歴は配分の基準として考えられるのであり、論理的には「低学歴社会だが学歴社会」または、「高学歴社会だが非学歴社会」という社会もありうる。
 学歴社会とよく混同される言葉に、高学歴社会がある。高学歴社会とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。具体的には高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされ、日本は数少ない高学歴社会のひとつである。ここで重要なことは、学歴社会は、単に教育を重視する社会ではなく、教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会のなかの教育にはあるということである。しかし、学歴社会に対して、古くからさまざまな批判がなされており、就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。ただし、客観的に学歴社会を考察してみると、こういった社会になっていく、そ..