検索ワード入力
menu

【明星大学】【教育相談及び生徒・進路指導 1単位目】【2017年】【合格レポート】

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数1,437
    ダウンロード数17
  • by sachi0409
内容説明 コメント(0件)

『最新2017年』明星大学 教育学部 通信課程における【教育相談及び生徒・進路指導(PC3062) 1単位目】のレポート課題、合格レポートです。1800字以上記入し、添削者からもよい評価を受け、一回で合格しました。皆様の参考にしていただき、お役に立てれば幸いです。
【課題】
学校をとりまく様々な課題や中学生の実態を踏まえて、現在、教師には生徒指導の機能を生かした教育活動の推進が求められています。
あなたは、学級担任・教科担任として「生きる力」「自己指導力」の育成についてどのように考えていますか。また、日々の指導をどのように行いますか具体的に答えてください。

資料の原本内容

参考・引用文献
 「教師のたまごのための教育相談」 
  会沢信彦 安斎順子 編著
  北樹出版 
レポート内容 ↓ ↓ ↓
少子化や都市化が進み子ども達の生活環境は過去から大きく変化している。また、情報化やグローバル化の中で社会は日々変化している。こうした変化の中で子ども達には多くの課題が生じている。例えば、子どもの人口の減少に伴い、他者とのコミュニケーションの場の減少、人間関係の希薄化や規範意識の低下などである。これにより学校における生徒指導という教育活動の果たすべき役割はますます重要になっている。かつては、子どもの「生きる力」や「自己指導能力」は子ども同士の人間関係や親子関係、子どもの接する社会から学ぶことが多かった。しかしながら、人と接する機会が少ない子ども達にとって「生きる力」や「自己指導力」を学ぶ機会は減少しており、現在では、学校がそれらの力を身につける場となっている。私は教師としてこれからの社会を生きる生徒にとって、「生きる力」や「自己指導力」を学校で育成することは非常に重要であると考えており、下記のことに取り組んでいきたい。
 まず、学級担任として子どもに「生きる力」や..