検索ワード入力
menu

日大教職 教育の方法・技術論M「メディア授業」2019~22年度 最終試験 S評価レポート

  • 会員990円l非会員1,188円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数4閲覧数1,668
    ダウンロード数21
  • 最新修正日 2017/12/03 22:54
  • by ポトラッチ
内容説明 コメント(0件)

日大教職 教育の方法・技術論Mメディア授業 最終試験 S評価レポート

丸写しはさけて、参考にしたり、学習に役立てたりしていただければと思います。

「日大通信メディア 教育の方法・技術論M 平成29・30年度理解度チェック1~4まとめて S評価レポート」
のほうはこちら。
http://www.happycampus.co.jp/docs/936584963284@hc16/131028/

資料の原本内容

日大通信メディア 教育の方法・技術論M 平成29・30年度最終試験 S評価レポート評価はSでした。
うまくまとめられた文章になったと思います。


参考文献教材名著者名等
教育の方法・技術論 壽福 隆人

論述ポイント
理解度チェックが他のメディア授業では3つなのに、この授業は4つあり、しかも
すべて論述です。しかしまとめるだけものが多いので、要約が好きな人はむしろ楽な
科目です。

具体例は削除できることが多いです。しかしわかりにくい時は残す場合もあります。
繰り返しは削除。言い換えている所を探しましょう。「確かに~しかし」は譲歩と逆接を連続させて、
文章にメリハリが出せるところですのでうまく使います。「のである、」「のだ」は強調になります。
削った部分と部分をつなぐために、自分で考えて「したがって」とか「また」のような接続詞を使います。



以下の2つのテーマについて、各テーマ1200字以上、1500字以内でレポートを作成し、
2問とも提出してください。

1)ヘルバルト主義教授論の特徴について、西洋教育史上に位置づけて論じなさい。


西洋教育史は古代ギリシ..