検索ワード入力
menu

金融論 授業内レポート 不動産証券化と不動産ファンド

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数1,248
    ダウンロード数0
  • by チョコレート効果
内容説明 コメント(0件)

大学の合格レポートです。

資料の原本内容

金融論 授業内レポート 「不動産証券化と不動産ファンド」
 
 2000年に施行された改正「投信法」によって、日本においても不動産ファンドであるJ-REITの組成が現実のものとなった。この改正によって、今まで富裕層で行われていた不動産投資が、誰でも小額でできるようになったといえる。「ファンド」とはもともと小口の資金を大きな資金にまとめて、運用の専門家がいろいろな投資商材に投資する器のことだ。したがって、不動産ファンドとは、不動産の管理、運用、処分から得られる収益を複数の投資家に分配する仕組み、といえる。小口の投資では、投資できる商品に限界があり、投資効果が薄いなどのハンディがある。それを乗り越..