検索ワード入力
menu

ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数3,004
    ダウンロード数80
  • by mika118
内容説明 コメント(27件)

『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
ペスタロッチーはスイスの大教育者であり、近代教育の父である。教育実践と思想は、ルソーや他の啓蒙思想家に影響を受けた深い人間愛・ヒューマニズムに立脚している。
〔人間教育と直観教育〕
人間、子どもに基づいて教育を考え、子どもの「生活の要求ないし必要性」あるいは「わが事としての目的活動」に基づく主張をし、生きる働きの育成を目指したのがペスタロッチーである。ペスタロッチーの教育の特徴は、人間の主張にある。その人間の主張は生きることの問題であり、生きる働きの成長発展の問題のほかならない。生きる働きの成長発展は、内容的には社会的により良く生き抜くことのできる人間、自主的人間、創造的人間への成長発展である。しかし、このことは個性化され、創造的になることによってのみ可能となる。そして個性化、創造化は、他や外から作られるものではなく、自己改造ないし自己生産によってのみ可能となるのである。その意味において成長発展は自己改造、自己生産であると言えるだろう。このような立場に立つならば、人間教育の課題はより良く生きぬくことのできる人間へと自己生産することのできる基礎力の育成にあると言える。また、基礎教育が重視される理由がここにあるのである。そして、その人間教育を民衆に果たそうとしたところにペスタロッチーの教育の歴史的意味がある。さらに、彼は教育において子どもの全一な生きる働き、生命活動を重視し、その働きへと働きかけ、生きる働き、生命活動を働かせることによって、その育成を果たすことに全力を傾注したのである。そこで彼が、生きる働き、生命活動の教育的活用として取り上げたのが直観教育であった。

資料の原本内容

『ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ』
ペスタロッチーはスイスの大教育者であり、近代教育の父である。教育実践と思想は、ルソーや他の啓蒙思想家に影響を受けた深い人間愛・ヒューマニズムに立脚している。
〔人間教育と直観教育〕
人間、子どもに基づいて教育を考え、子どもの「生活の要求ないし必要性」あるいは「わが事としての目的活動」に基づく主張をし、生きる働きの育成を目指したのがペスタロッチーである。ペスタロッチーの教育の特徴は、人間の主張にある。その人間の主張は生きることの問題であり、生きる働きの成長発展の問題のほかならない。生きる働きの成長発展は、内容的には社会的により良く生き抜くことのできる人間、自主的人間、創造的人間への成長発展である。しかし、このことは個性化され、創造的になることによってのみ可能となる。そして個性化、創造化は、他や外から作られるものではなく、自己改造ないし自己生産によってのみ可能となるのである。その意味において成長発展は自己改造、自己生産であると言えるだろう。このような立場に立つならば、人間教育の課題はより良く生きぬくことのできる人間へと自己生産す..