検索ワード入力
menu

新生児と褥婦との関りを通して 母性看護学 レポート

  • 会員2,200円l非会員2,640円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数1閲覧数4,323
    ダウンロード数1
  • by 浦島太郎18
内容説明 コメント(0件)

冒頭

今回、母性看護学実習にて、新生児や褥婦さんを受け持たせていただき、生命誕生の意義、生命の尊厳について考え、学ぶことができた。
 私が今回受け持たせていただいた新生児と褥婦さんの中で、光線療法を行うことになった児がいた。ミノルタの数値があがり、黄疸が発生したためである。光線療法を行うときはアイマスクを着用しなければならず、授乳中も児の目を見て授乳することができなかった。

1199字

資料の原本内容

新生児と褥婦との関りを通して
今回、母性看護学実習にて、新生児や褥婦さんを受け持たせていただき、生命誕生の意義、生命の尊厳について考え、学ぶことができた。
 私が今回受け持たせていただいた新生児と褥婦さんの中で、光線療法を行うことになった児がいた。ミノルタの数値があがり、黄疸が発生したためである。光線療法を行うときはアイマスクを着用しなければならず、授乳中も児の目を見て授乳することができなかった。その際、A氏が小さな声で「これかわいそう。ごめんね」といい涙を流された。この場面をみて、私はA氏がどれだけ大切に児のことを想っていたかを痛感した。妊娠をすると10か月もの間胎児を育てる。その期間、不安..