検索ワード入力
menu

[社会福祉士]福祉サービスの組織と経営[A評価]

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数2閲覧数8,733
    ダウンロード数55
  • by SC
内容説明 コメント(0件)

社会福祉士養成校のレポート課題における、「福祉サービスの組織と経営」科目の、
「福祉サービスの提供にかかわる組織や団体のそれぞれの定義や役割、現状や課題」について記述したものです。
100点満点中95点のA評価を頂いています。

資料の原本内容

福祉サービスの組織と経営
【課題】
福祉サービスの提供にかかわる組織や団体について、それぞれの定義や役割について
まとめるとともに、現状や課題についてまとめなさい。
現在、社会福祉サービスの提供主体は、国・地方公共団体のほか、NPOや民間営利企
業の参入により多様化している。
社会福祉法人は、社会福祉事業法により創設された法人であり「社会福祉事業を行うこと
を目的として、この法律の定めるところにより設立された法人」として定義されている。
社会福祉法人には、「公益性」「非営利性」「主務官庁の許可・認可」といった基本的要件が
ある。社会福祉法人の課題としては、同族的経営が多く零細な規模の法人経営や同族的経
営は、これまで事業の新規開設・継続性という点においてプラスにもとらえられてきたが、
有能な人材の確保・育成に支障をきたしているというマイナス面が生じているとも考えら
れる。社会福祉法人は「個人の尊厳」「自立生活の支援」「良質なサービス捉供」「地域にお
ける社会参加」を追求・実現できるように、その法人経営をより深化・発展させるべきで
ある。
特定非営利法人はいわゆるNPO法によ..