検索ワード入力
menu

大阪芸術大学通信教育部 総合教育科目「情報機器の操作第1課題」A判定 2020年度使用可

  • 会員550円l非会員660円
  • Microsoft® Office Word
  • ページ数3閲覧数1,389
    ダウンロード数8
  • by NU_YORK
内容説明 コメント(0件)

※丸写しは、お止め下さい。参考文章として、ご活用下さい。

総合教育科目「情報機器の操作第1課題」
2020年度の学習指導書確認済(2020.4.3に確認)

担当教員評価
「なし」

A判定

資料の原本内容

コンピュータを使った教育実践事例について
〇〇〇〇〇
 日本の教育現場で行われているコンピュータを活用した教育実践事例について調べたことをまとめる。
⑴どのような方法によってその実践事例を調査したか。
 ヤフーの検索エンジンにおいて、「小学校 コンピュータ 実践事例」で検索したところ、『JUST SCHOOL~先生のためのWebサイト』を見つけた。そのHPでは日本の小学校においてパソコンを積極的に活用し、魅力的な授業を展開している実例が多数レポートされていた。
⑵教育実践の行われている施設ならびに対象年齢について。
 上記HPにレポートされていた千葉県・松戸市立中部小学校5年生の実践事例を取り上げる。
⑶どのような学習環境が構成されているか。
 コンピュータの活用や情報教育は、現在では特別なものではなく、どの教育現場でも行われているが、中部小学校では1年生からパソコンに親しむ授業が始まり、以後6年生に至るまで、毎週パソコン教室を使った授業が設けられている。パソコンを使った授業が多いということではなく、パソコンが当たり前の日常ツールとして使われている学習環境にある。
⑷実践の中で特徴的で..